包茎手術にも様々な方法がある!包茎手術紹介サイト

包茎手術はクリニックによっても変わる!?包茎の悩みを解決しよう! - 包皮輪狭窄

包皮輪狭窄

男性性器の先の部分を亀頭といいます。それ以外の性器の部分を陰茎といいます。
亀頭を包んでいる皮膚のことを包皮といいます。この包皮が余っていることによって包茎になります。包皮の先の部分を包皮輪、または包皮口といいます。
仮性包茎は包皮が余っている状態ではありますが、亀頭を露出することが出来る状態です。しかし場合によっては包皮口が狭く、気筒を露出する際に痛みが伴うということもあるようです。このような状況のことを包皮輪狭窄とよんでいます。狭窄状態で無理やり亀頭を露出しようとすると、場合によっては包皮が避けてしまうかもしれません。
包皮輪狭窄の状態は、カントン包茎の状態によく似ています。場合によっては同義に扱われるでしょう。いずれにしても包皮輪が狭いことによって、このような状態になります。
カントン包茎はその状態になると自力でもとに戻すことはかなり難しいでしょう。放置しているとうっ血状態になるので、亀頭の組織が壊死してしまうかもしれません。最悪の場合にはペニスを切断することになってしまいます。包皮輪狭窄の状態ではこのようなことはまれです。
カントン包茎や包皮輪狭窄の状態にならないためには、包皮輪を広げていく必要があります。通常の仮性包茎の状態まで広げることができれば、痛みを伴うこともないでしょう。自力でも治療することはできますが、できれば病院で相談するといいでしょう。無理に治療をすると病気になってしまうこともあります。十分に注意して治療をする必要があります。
もしカントン包茎の状態になってしまったら、すぐに医師に相談するようにしましょう。亀頭が壊死してからでは遅いです。もっとも放置できるような状態にはならないかもしれません。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »

Copyright(C)2014包茎手術にも様々な方法がある!包茎手術紹介サイトAll Rights Reserved.