包茎手術にも様々な方法がある!包茎手術紹介サイト

包茎手術はクリニックによっても変わる!?包茎の悩みを解決しよう! - 包皮輪、包皮口

包皮輪、包皮口

包皮の折り返し部分のことを包皮輪といいます。包皮口と呼ばれることもあるようです。
亀頭を包んでいる皮膚のことを包皮といいます。この包皮が余っていることによって包茎の状態になるため、包茎手術の際には包皮を切除することによって、包茎を解消しています。
包皮には内板と外板というものがあります。外側に見えている包皮が外板、内側に隠れている包皮が内板です。この内板と外板の境目に当たるのが包皮輪になります。
包皮輪が極端に狭いことによって、亀頭を露出することができない状態になります。この状態を真性包茎といいます。場合によっては包皮が癒着していることもあるでしょう。包皮輪が狭くても亀頭を露出することができれば、仮性包茎と考えられます。
仮性包茎の状態で、気筒を露出する際に痛みを感じるという場合には、包皮輪狭窄症という状態です。狭窄症になっていると、カントン包茎の状態になることがあります。カントン包茎は亀頭を包皮輪が締め付けている状態で、場合によっては亀頭の組織が壊死してしまうことがあります。
そういった状態にならないために、包皮輪を広げていく必要があります。方法としては勃起時に包皮輪を少しずつ広げていくというものです。無理をしてしまうとカントン包茎の状態になってしまうので、ゆっくりと少しずつ広げていくことが重要です。無理やり広げると皮膚が避けてそこから感染症になることもあります。ステロイド剤を利用することによって包皮を柔らかくする方法もあるので、病院で相談してみるといいでしょう。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »

Copyright(C)2014包茎手術にも様々な方法がある!包茎手術紹介サイトAll Rights Reserved.