包茎手術にも様々な方法がある!包茎手術紹介サイト

包茎手術はクリニックによっても変わる!?包茎の悩みを解決しよう! - 包皮小帯

包皮小帯

亀頭の裏側と包皮をつないでいる部分のことを包皮小帯といいます。この包皮小体には感覚神経が集中しているので性感帯としても有名です。
包皮は亀頭を覆っている皮のことです。この包皮が余っていることによって包茎の状態になるため、包茎をコンプレックスに感じている人は、包皮が邪魔だと感じるでしょう。
また、ペニスの中で亀頭を除いた部分を陰茎といいます。この陰茎と包皮をつないでいるのが包皮小体なのです。一般的には裏筋と呼ばれ、性感帯として知られています。男性はこの部分を刺激されることにより快感を得ることができます。
実は包皮小体自体が快感を感じているのではなく、小帯の奥にある部分に性感帯が存在しているのです。包茎手術によってこの性感帯を切除してしまうと、感覚が鈍くなってしまう可能性があります。また、場合によっては亀頭の感覚も鈍くなってしまうようです。
包皮小体は成長とともに伸びてきます。幼少期には皮をむくと陰茎が下向きになってしまいます。成長とともに小帯が伸びることによって、勃起時に上向きになっていくのです。
医師によってはこの包皮小体を残すための手術の際に、包皮のバランスが悪くなってしまうことがあります。結果的に法飛翔体が突っ張ってしまうかもしれません。
包皮小体を切除することによって、早漏が治ると考えられていることも有りました。そのため包茎手術の際には包皮小体を取り除くということが多かったようです。しかし最近では包皮小体を残して手術をするほうが多いようです。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »

Copyright(C)2014包茎手術にも様々な方法がある!包茎手術紹介サイトAll Rights Reserved.